メニュー

心身症

心身症とは

心身症は体の病気であり、実際に内臓の構造の異常や働きの異常を伴っています。
しかし、心理的あるいは社会的なストレスが強くかかわって、症状が出現している場合には心身症と呼ばれます。
例えば、身体の病気で内科や整形外科などで治療を受けてもなかなか症状が改善しなかったり、いったんよくなった病気が何らかのきっかけで再発を繰り返したりする場合に心身症と考える必要性が生まれます。

心身症の原因

心身症の発症や悪化には、心理的あるいは社会的な要因が大きく関係しているといわれています。
強いストレスが持続すると、脳を介して、自律神経系、内分泌系、免疫系といった身体の状態を常に一定に保つ働きをする生体内システムに影響を与え、それがある一定以上続くと、内臓の働きや構造に異常をきたすと考えられています。

心身症で認められる症状

心身症はあらゆる体の病気で起こりえますが、特に心身症とみなされることの多い病気があります。
自律神経失調症、更年期障害、月経前症候群、過換気症候群、摂食障害、などの病態は頻度も高く、心身症を専門的に診る心療内科の外来にもよく受診する病気です。
自律神経失調症や更年期障害では、めまい、動悸、息切れ、頭痛、腹痛、下痢、しびれ、など様々な身体症状を生じます。
心身症では、それぞれ病気の身体的な症状に伴って、心身の緊張、不安、抑うつといった精神症状が多く認められます。

心身症の治療

心身症は体の病気なので、まず、十分な身体医学的な治療がなされなければなりません。
その一方で、緊張、不安、抑うつといったこころの症状の緩和には、抗不安薬や抗うつ薬の投与が有効となります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME