メニュー

全般性不安障害(不安障害)

全般性不安障害とは

全般性不安障害とは、不安障害の中でも最も一般的な病気の一つです。
全般性でかつ持続的な過剰の不安が特徴で、加えて、肩こり、頭痛、動悸、息苦しさなど体の症状も出現します。

全般性不安障害の原因

原因はわかっていませんが、遺伝的な原因や元々の神経質な性格、もしくは幼少期の体験、現在のストレスの状態などがかかわっているといわれています。

全般性不安障害の症状

多くの出来事や活動について、少なくとも6か月以上続く過剰な不安と心配が特徴で、自律神経系の身体の症状を伴います。
不安と心配の対象は仕事の責任、経済状態、家族の健康など日常的な生活環境についてのことが多いといわれています。

全般性不安障害の診断

全般性不安障害の診断には、不安で起こる、落ち着きがない、疲れやすい、集中ができない、刺激を受けやすい、筋肉が緊張する、不眠があるなどの症状に加えて、肩こり、頭痛、動悸、息苦しさ、めまい、などの身体の症状があることも必要になります。

全般性不安障害の治療

治療には薬物療法と精神療法が用いられます。短期的には抗不安薬が有効ですが、長期的には耐性や依存の問題が生じることがあります。
抗うつ薬も治療に有効な薬であることが分かってきています。
認知行動療法やリラクゼーション訓練を組み合わせた治療を行うこともあります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME